W杯期間中、BARなどでの喧嘩に注意!

●情報

 

W杯期間中、市内のBAR等では試合を放映している店が多くなります。

中国はW杯には出場していおりませんが、中国のW杯の楽しみはスポーツとしてではなく、ギャンブルとして楽しむという悲しい結果となってしまっております。

 

結果として毎試合に熱くなり、そこにお酒が入ることでさらに熱くなり、結果として暴力事件に発展しまうケースが増えております。

 

通常の軽い喧嘩なら警察からの注意や警告ですが、相手に怪我をさせてしまう喧嘩となりますと、治安管理処罰法で罰せられます。

すでにW杯が始まって、処罰される中国人が増えております。

 

中国に滞在されている邦人におかれましては、喧嘩に巻き込まれないように十分注意してください。

喧嘩に巻き込まれた場合は直ちにその場から逃げることをお勧めします。

 

怪我は発生した場合、先に手を出した方が行政拘留10日から15日。反撃して相手を怪我させてしまった場合は行政拘留5日程度というのが最近の処罰です。

 

また日本戦の時はさらに十分注意し、また自身も酒によって騒いだりすることのないよう、心がけてください。