2021年中国の休日と給与一覧表

●情報

 

2020年の中国の休日について、中国国務院から正式発表されております。

 

1、元旦:20年1月1日(金)が休日で土日と合わせて3連休。

1日は3倍、2日と3日は2倍もしくは振替

 

2、春節:2月11日(木)から2月17日(水)で7連休。2月7日(日)、2月20日(土)は平日扱い。

11日から14日は3倍、11日と15日から17日は2倍もしくは振替

 

3、清明節:4月5日(月)が休日で土日と合わせて3連休。

4日は3倍、3日と5日は2倍もしくは振替

 

4、労働節:5月1日(土)から5月5日(水)で5連休。4月25日(日)、5月8日(土)は平日扱い。

1日は3倍、2日から5日は2倍もしくは振替

 

5、端午節:6月14日(月)が休日で土日と合わせて3連休。

14日は3倍、12日と13日は2倍もしくは振替

 

6、中秋節:9月19日(日)から9月21日(火)で3連休。9月18日(土)は平日扱い。

21日は3倍、19日と20日は2倍もしくは振替

 

7、国慶節:10月1日(金)から10月7日(木)で7連休。9月26日(日)、10月9日(土)は平日扱い

1日から3日は3倍、4日から7日は2倍もしくは振替

 

計算式

3倍給与=残業給与計算基数÷21.75×300%

2倍給与=残業給与計算基数÷21.75×200%

時間残業給与=日残業給与÷8

※残業給与計算基数はボーナス、交通費、昼食費、住宅補助費、夜間手当、高温手当を含まない、正常出勤時の1か月支給する給与。

 

 

国務院辧公庁

2020年11月25日発布

 

 

※通常休日と特定休日では給与の計算方法が違うため、注意が必要です。