武漢市封鎖関連情報【随時追加】

●情報

武漢市では新型コロナウイルス拡散防止の為、2020年1月23日午前10時より、全市路線バス、地下鉄、フェリー、長距離高速バスの運行を停止。また空港、鉄道駅の武漢市からの出口を暫定的に閉鎖。特別な理由がない場合は武漢市から出ないように市民に通知しました。

 

この情報は武漢市新型冠状病毒感染的肺炎疫情防控指揮部の発表です。

封鎖解除の情報等、新たな情報が発表されましたら随時更新いたします。

 

現在武漢市内に滞在されている邦人に関しましては、外出を控え、現場の指示に従うように心がけてください。

また特殊な理由により武漢市を出なければいけない場合の手続き方法等はまだ発表されておりません。

特殊な理由により武漢市を離れなければいけない場合は現地当局に相談の上、行動してください。

新情報が入り次第、当記事に追加していきます。

 

◆2020年1月23日17:30追加

全国各長距離バス(省際、市際)、フェリー等は武漢市行きを全て取り消し。武漢市への入城を事実上制限しております。航空機においても南方航空をはじめ取消が始まっております。

長距離バス、鉄道等で武漢市を経由するものに関しては武漢市内での乗降を禁止としました。

また一部高速道路も封鎖が始まっておりますので、沿岸部から内陸部、内陸部から沿岸部に移動の際は武漢市を迂回するルートをご利用ください。

また長距離バスで武漢市内を通過する車両は武漢市を迂回するように通達が出ました。

なお武漢市内にいる市民に関しての生活物資、医療物資は生活等に支障が出ないように当局の指示のもと輸送されますので、市内に滞在する邦人におかれましてはご安心ください。

 

◆2020年1月23日20:00追加

上海市、高速道路の市境料金所に検疫所を設置。車で上海市に入る場合は検疫所で体温測定。

発熱が確認されたり、疑いがある場合は本人と同乗者は病院へ移送し発熱外来で検査。

 

◆2020年1月23日20:30追加

武漢市に隣接する黄岡市は24日0時より鉄道駅、長距離バスターミナルを封鎖。また市内のバーや映画館等の娯楽施設、市場なども封鎖予定

 

◆2020年1月24日13:00追加

武漢市周辺の城市の陸路、水路も封鎖。

武漢市では「武漢職工療養院」敷地内2.5万平米にベッド数1000床の仮設病院を6日以内に建設します。

現在各省市から医療チームが武漢に向かっています。

武漢市内の生活に関しては武漢市政府備蓄食料を排出、また各省市より最優先で食料が輸送されております。多少不便はあるかと思いますが、食糧問題は心配ありません。

 

◆2020年1月24日18:00追加

外務省は中国湖北省全域を危険レベル3に引き上げ、渡航中止勧告としました。

 

◆2020年1月24日23:00追加

武漢市では病院の混雑緩和の為、新たに発熱市民分級分類医療サービスを開始します。

1、市民の発熱状況確認は各社区が責任を持って行い、管轄区で発熱患者(すでに病院に行った人も、行っていない人も含む)を発見したら、社区が車を手配して社区医療センターに送り、進行状況の確認と分類を行います。詳しい検査が必要と思われる発熱患者は区が手配する車にて指定の発熱外来を受診。

指定発熱外来受診に関しては患者はいかなる理由があっても拒否できません。

発熱外来受診が不要と判断された発熱患者は各社区は責任を持って自宅まで送り経過観察となります。

2、発熱患者で新型コロナウイルス感染が確認された、もしくは極めて疑わしいと判断された場合は、市衛健委が責任を持って指定の治療所に車で送る。疑わしいと判断された患者は引き続き発熱外来で経過観察する。新型コロナウイルスに感染していないと確定された場合は各区が責任を持って患者を迎え、自宅まで送り、自宅で経過観察とする。

 

この発表通りとなりますと、武漢市内に在留している方は、今後は自分で発熱外来に行くのではなく、社区の人が各家庭を回って体温測定をして、熱がある場合に社区医療センターに行くことになります。

またご自身で熱があると感じた場合は、まずはお住まいの地域の社区に話せば、上記規定通りに社区の方が車で指定の医療センターに送ってくれることになります。

ご自身のお住まいの小区を管轄する社区がわからない場合は政府総合窓口12345に電話をすれば教えてくれます。

病院の混雑により受診方法が変わっていますので、武漢に在留されている日本人の方におかれましてはご注意ください。

 

◆2020年1月25日16:00追加

2020年1月26日0時より物資輸送車両、無料交通車両、公務車両を除く、一般の自動車は武漢市中心城区区域の通行が禁止となります。移動が必要な市民は各社区が用意している車両をご利用ください。

ご自身のお住まいの小区を管轄する社区がわからない場合は政府総合窓口12345に電話をすれば教えてくれます。

 

◆2020年1月26日17:00追加

現在、日本政府は中国当局と調整しつつ、湖北省内在留日本人が帰国できるように調整を行っております。(現段階ではまだ許可を得ていません)

そこで湖北省内に在留されている日本人の方で帰国を希望される方は、在中国日本大使館に希望の旨を伝え、大使館指定の必要事項を伝えてください。(帰国希望者調査)

 

大使館連絡先

1、メールフォーム

2、電子メール(フォームが開かない場合) ryoji-service@pk.mofa.go.jp

3、いずれの方法も使えない場合や質問は電話:137-0112-1475/139-1112-3654/139-1112-7069

 

大使館発表の詳細はこちら→

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000365.html

 

◆2020年1月27日11:30追加

武漢在留邦人の帰国に関して、新しい希望者調査が追加されました。

昨日の申請に加え本日追加になった申請も必要になります。現地も手配に苦戦しているようで、帰国希望者大使館の所定のフォーム1と2より申請してください。

 

大使館発表の詳細2はこちら→

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000366.html

 

◆2020年2月16日追加

湖北省は全省民に事実上の外出禁止令を公布しました。

湖北省内に在留する方は地域の自治体の指示に従うようにしてください。

生活用品、食品等の購入は社区、村単位で行うとのこと。上海には詳細情報が入ってきません。

お住まいの地域の告知書を確認してください。