東方航空国内線利用時の防疫措置新規定

●情報

上海で新型コロナ感染者が出たことにより、東方航空では搭乗客に対する防疫措置強化を決めました。

 

現在上海の両空港(浦東機場、虹橋機場)では空港利用者に対して健康QRの提示要求が再開しました。

それに合わせ、東方航空では以下の措置が取られます。

 

1、搭乗前告知の実施。もし渡航先検査で健康QRが黄色や紅色だった場合は即時現地指定の場所で集中隔離になる旨を告知する

 

2、飛行途中で乗客は指定QRコード(バスや地下鉄にあるようなもの)をスキャンする。

 

3、現地到着時の健康QR検査で黄色や紅色だった場合、東方航空が責任を持って対処する

 

4、飛行中や現地到着後に発熱の乗客が出た場合は即時空港指揮所に連絡。該当患者は規定に従って救急車で病院に送る。乗客に関しては搭乗前告知事項に従い、現地での案内や医療機関への安内を行う。

 

東方航空が責任を持って対処する部分が多いですが、、乗客としてはチェックイン時にされる告知事項に同意するかしないか。飛行中にQRコードスキャンして自身の情報を提供する。乗客の中に発熱者が出た場合は降機後に現地の指示に従わなければいけない。という事になります。

 

また現在上海市内ではマスク着用の指導強化がなされております。

公共交通(バス・地下鉄)でのマスク着用義務は同じですが、今回タクシーでもマスクが必要になります。

運転手、乗客共に乗車中は常時マスクが必要なり、またタクシー運転手はマスク未着用の客に対して乗車拒否できるようになりました。

いつでもマスクができるように、常にマスクを数枚持ち歩くようにしましょう。

レストラン等でマスクを汚して使えなくなった場合、タクシーに乗って帰宅できなくなる可能性があります。ご注意ください。    

 

 

※※STCC記事の無断転載、無断リンクは硬く禁じております。

Wechatはもちろん、LINE、ツイッター、フェイスブック等も含めたSNS、いかなる運営会社のブログ、掲示板、ホームページ、社内ネットワーク、クラウド、電子メール、SMSへの記事の転載やリンクも禁止しております。(トップページを除く)

また記事をスクリーンショットした画像の配布や発信も固く禁じております。

今後も適切な情報を中国で滞在する日本人に発信するため、無断転載、無断リンクに関するSTCC規定をご理解下さいますようお願いいたします。

無断転載、無断リンクに関する注意はこちら→「上海STCCの無断転載、無断リンクに関して