6月2日12時以降、佛山を出る場合はPCR検査陰性証明が必要

●情報

2021年6月7日追加

佛山市は佛山市を出る際のPCR検査陰性証明書に関して、これまでは72時間前でしたが、6月7日12時より48時間以内に切り替わります。

佛山市を出る予定がある方はPCR検査の日時に注意してください。


2021年6月2日12時より佛山市管轄内の空港、鉄道ターミナル、バスターミナルより広州市を離れる場合は、健康コードが緑色である事と、72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要になります。

 

また高速道路を使って乗用車等で広州市を離れる場合も72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要になります。

 

現在出張等で佛山市に滞在している方は2日12時までに離れるか、PCR検査を受けて陰性証明書を取得してから離れてください。

 

また市内の一部地区でロックダウンが実施されております。

佛山市に滞在中の方は現地の社区居委会の指示に従ってください。

また出張等でホテルに宿泊中の方は随時ホテルから出る情報や指示に注視し、ホテル従業員の指示に従って行動してください。

 

 

 

※※STCC記事の無断転載、無断リンクは硬く禁じております。

Wechatはもちろん、LINE、ツイッター、フェイスブック等も含めたSNS、いかなる運営会社のブログ、掲示板、ホームページ、社内ネットワーク、クラウド、電子メール、SMSへの記事の転載やリンクも禁止しております。(トップページを除く)

また記事をスクリーンショットした画像の配布や発信も固く禁じております。

今後も適切な情報を中国で滞在する日本人に発信するため、無断転載、無断リンクに関するSTCC規定をご理解下さいますようお願いいたします。

無断転載、無断リンクに関する注意はこちら→「上海STCCの無断転載、無断リンクに関して