東莞市が防疫政策を発表

●情報

広州や佛山の感染拡大を受け、東莞市は新たな防疫政策を発表しました。

 

以下、日本人に関わる部分を抜粋

 

1、基本的には不必要な省を跨いだ移動は控えてください。東莞市に滞在し、広東省を出る必要がある場合は72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要になります。

 

2、2021年6月5日以降、広州市もしくは佛山市に渡航歴がある人はすぐに社区に報告しPCR検査を受けてください。

 

3、会議等はオンライン会議を採用するなどし、人が集まらないようにしてください。

 

4、室内公共場所に入る際はマスクを着用し、検温と健康コードスキャンが必要になります。

 

5、ジム、KTV、BAR、サウナ、映画館などの密閉型娯楽場所ではマスク着用を義務とし、 検温と健康コードスキャンが必要になります。また入場に関しては完全予約制及び実名登記が必要になります。

 

6、レストランでは極力店内での飲食を控えてください。またレストランの個室では10人以下となります。入店の際はマスクを着用し健康コードのチェックが必要です。

 

東莞では広州や佛山と違い、広東省を出る際に72時間以内のPCR検査が必要となります。

また東莞から広州、佛山、シンセン等の移動の際はPCR検査は必要ないものの、広州と佛山から東莞に戻った際は社区居委会に報告し、PCR検査を受けなければいけません。

なお広州などではPCR検査を受けなければいけない人が、PCR検査を受けなかった場合は健康コードが黄色に変化していますので、東莞でもPCR検査を受けるよう指示があった場合は直ちに指定の場所でPCR検査を受けてください。

 

 

 

※※STCC記事の無断転載、無断リンクは硬く禁じております。

Wechatはもちろん、LINE、ツイッター、フェイスブック等も含めたSNS、いかなる運営会社のブログ、掲示板、ホームページ、社内ネットワーク、クラウド、電子メール、SMSへの記事の転載やリンクも禁止しております。(トップページを除く)

また記事をスクリーンショットした画像の配布や発信も固く禁じております。

今後も適切な情報を中国で滞在する日本人に発信するため、無断転載、無断リンクに関するSTCC規定をご理解下さいますようお願いいたします。

無断転載、無断リンクに関する注意はこちら→「上海STCCの無断転載、無断リンクに関して