封鎖小区内で日本人のモラルの低さが問題になっています

●情報

封鎖された小区では情報のやり取り(デリバリー受取時間、ゴミだし時間、PCR検査、その他規定など)は多くの場合Wechatのグループチャットで行われます。

 

まず封鎖された小区にお住まいの方は必ずグループチャットの案内がありますから、参加するようにしてください。

例え中国語がわからなくても参加するようにしてください。

どうしても絶対に読めないという方は通訳を参加させることもできますが、同時に自身も必ず参加してください。

 

またグループチャットは途中参加の場合、先の内容は表示されません。

したがって極力最初から参加するようにしてください。参加が遅れた場合は再度内容の再発進をお願いしてください。

 

一部小区の日本人の中にグループチャットへの参加を拒否する人がいるようですが、参加しなければ情報を受け取れません。

またこの方の為だけにボランティアがリスクを冒して玄関まで来てくれているということを自覚して下さい。

 

また封鎖小区のグループチャットでわがままを言う日本人が多くいるとのことです。

 

内容としては

「指定の時間ではまだ日本料理店が開店していないからもっと遅い時間にデリバリーしろ」

「(指定時間外にデリバリーを頼んで)デリバリーが届いたら部屋まで持って来い」

「(深夜の時間帯に)夜食を頼んだから部屋まで持って来い」

「(指定時間外にゴミを玄関前に出して)さっさとゴミを回収しろ」

「明日出勤する必要があるから外出許可出せ。責任取れるのか」

などなど文句やわがままとも取れる発言が目立つようです。

 

気持ちはわかります。

 

しかし平時ではありません。

 

グループチャットは中国人や他国の人も含めた全住民が見る事になります。

中国人同士の会話では「がんばろう」など前向きなコメントやボランティアの方に感謝するコメントが溢れています。

 

一方日本人のコメントはわがままとも取れる内容の要求ばかりです。

 

ほんの一部の日本人だけなのかもしれませんが、海外ではほんの一部の人の態度次第で日本人というものの印象が決まってしまいます。

 

デリバリーの時間、宅配便の受取時間、ゴミ出し時間などは多くの住人の日常生活、ボランティアの方の稼働時間などあらゆる状況を考慮し、少しでも多くの住人に不便が起きないように設定されております。

ボランティアの方の人数にも限りがあります。

 

ボランティアの方の感染リスクもあります。そしてそのボランティアの方にも家族があります。

 

中には親の反対を押し切って正義感からボランティアをやってくれる方がいることを忘れないでください。

 

封鎖は確かに理不尽です。理不尽ですがそういうルールを滞在国が決定しました。

したがってそれには従わなければいけません。

 

どんなにわがままを言っても変わる事はありません。

しかし住人や人々の日本人に対する印象はどんどん変化していきます。

 

封鎖されて辛いのはわかります。日常生活との違いからストレスが溜まるのもわかります。

しかし上述のようなわがままな要求は間違っています。

 

日本人なら決められた時間で最善の策を考える事ができるはずです。

和食が食べたければ材料や調味料をデリバリーで頼んで、自炊して自分が食べたい時間に食べれば良いじゃないですか。

 

カレーでも作れば2日間はしのげます。そうすればボランティアの方への負担が減るだろうとか考えてみてください。

材料はしんせん館やCITYSHOP(美団)盒马(専用APP)などから注文できます。

日系スーパーなら日本語表示もあります。

 

もう一度言います。

グループチャットは全住人が見ていることを忘れないでください。

そして上述のような発言を同じ日本人が見て気分を悪くしている人もいます。

 

日本人なら決められたルールの中で、自分にとって最善の方法を考え、同時にボランティアの方への負担を減らす方法を考えられるはずです。

ボランティアの方に「いつもありがとう」と言えるくらいの心のゆとりを持ってください。

 

単身赴任で中国に来て、普段から料理をしない方もいるでしょう。現地の料理が口に合わない人もいるでしょう。自由を奪われてストレスを感じる人もいるでしょう。

 

みんな重々承知しています。

辛いのもわかるし、明日は我が身かもしれません。

 

しかし今は平時ではなく非常時だと思ってください。

住人、ボランティアなどの生活と健康を考えたルールであると言うことを分かってください。

 

お願いです。

 

頑張ってください。最短で2週間です。頑張って耐えてください。

わがままやってそれが原因で感染者を出せば、封鎖は延長されるだけです。

 

ボランティアの方も皆さんの為に本当に頑張ってくれています。

できればボランティアの方の負担を減らす方法を考えてみてください。

日本人ならできるはずです。

「ありがとう。謝謝」だけでも良いです。

 

わがまま要求は何も変えることはできません。逆に自身の価値を下げるだけでしかありません。

 

何卒、何卒、現地ルールを守って頑張ってください。お願いします。

 

 

 

 

※※STCC記事の無断転載、無断リンクは硬く禁じております。

Wechatはもちろん、LINE、ツイッター、フェイスブック等も含めたSNS、いかなる運営会社のブログ、掲示板、ホームページ、社内ネットワーク、クラウド、電子メール、SMSへの記事の転載やリンクも禁止しております。(トップページを除く)

また記事をスクリーンショットした画像の配布や発信も固く禁じております。

今後も適切な情報を中国で滞在する日本人に発信するため、無断転載、無断リンクに関するSTCC規定をご理解下さいますようお願いいたします。

無断転載、無断リンクに関する注意はこちら→「上海STCCの無断転載、無断リンクに関して